社内

社宅選びは取り扱い物件No.1の不動産会社へ❘快適空間を実現

希望条件を決める

女性

東京には数多くの企業が存在します。日本全国規模で考えると、小から大まで合わせると数百万の企業があると言われています。地元から離れて転職する際には、住宅を構える必要もあるので、転職や就職前から費用と手間が掛かってしまうでしょう。地元以外の土地で仕事を探すと決めたら、あらかじめその為の資金を貯めておく必要がありますが、予定外に転職が決まることもあるものです。費用と手間という負担を社員に掛けさせない為に、社宅を備えている企業が今増えているでしょう。社宅とは言っても住宅には変わりないので、一般の住宅と同様に社員のプライベートは守られ、快適に過ごすことが可能です。

社員専用の社宅を契約する際には、なるべく企業ビルと近い範囲内で探すといいでしょう。社員の通勤も便利になる上に、企業が社宅を管理しやすくなります。立地や間取り数によって、社宅の契約金も大きく変動するので、前もって規模条件を固めておきましょう。東京の都心部であれば、一人暮らし用の広さであっても7~10万円前後は掛かるものです。基本的に住宅費は、収入の3分の1がベストだとされているので、企業が支払っている給与と照らし合わせながら条件にはまる社宅物件を探しましょう。社宅賃料の数%を企業持ちにするならば、その点も踏まえて決めることが大切です。東京にある社宅物件の中には、高級マンションのように外観も綺麗に整っていて、設備機能が高グレードのところが多くあります。社員の生活を快適にすることで仕事へのモチベーションアップに繋がる為、社宅選びは慎重に行ないましょう。

魅力的なフリーレント

女の人

賃貸オフィスを渋谷で探すなら、迷わずフリーレントの物件を探しましょう。フリーレントというものは、一定期間中の賃料を無料化することで初期費用などを削減することになります。オフィスの経費削減効果も生むでしょう。

詳細へ

オフィスの引っ越し

オフィス

個人宅でもオフィスでも引っ越しをする際には、引っ越し業者の手が必要になります。オフィス移転業者は荷物の運搬のみならず、新たなオフィスの空間設計まで行なうので、魅力的なレイアウトを期待できます。

詳細へ

好きな地域を選ぶ

2人のウーマン

利便性の高い地域としても知られている東京の渋谷には、多くの企業ビルが建ち並んでいます。企業ビルを建てるには高額な費用が必要となるので、賃貸オフィスを借りる企業も少なくありません。

詳細へ